チャレンジシステム

« Back to Glossary Index

審判団のジャッジに対して、ビデオ判定を要求し、再ジャッジを求めること

監督はライン際のイン、アウトやネット・タッチ、アタック・ラインの踏み越しについて審判にジェスチャーと共に「チャレンジ」の意思を伝える。2014年の世界選手権から正式導入された。1セットあたり、2回失敗するまで行うことができる。

出典:http://volleypedia-jp.org/mediawiki/index.php/%E5%8D%94%E8%AD%B0%E9%A0%85%E7%9B%AE:%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0

« Back to Glossary Index

前の記事

レセプション

次の記事

フロント・オーダー