バック・オーダー

« Back to Glossary Index

レフト・プレーヤー(ウイング・スパイカー)、センター・プレーヤー(ミドル・ブロッカー)、セッター(ライト・プレーヤーの対角)の各選手が、それぞれ主にプレーする位置どおりに並ぶローテーションが後衛(バック)で出現することから、「バック・オーダー」と呼ばれます。トップ・レベルにおいては、ほとんどのチームがこのバック・オーダーを採用しています。

出典:http://volleypedia-jp.org/mediawiki/index.php/%E5%9B%BA%E5%AE%9A%E9%A0%85%E7%9B%AE:%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC

« Back to Glossary Index

前の記事

フロント・オーダー